テレビ史・日本文学
テレビドラマと戦後文学芸術と大衆性のあいだ
テレビドラマと戦後文学

瀬崎圭二[著]
A5判/480頁
本体4800円(+税)
ISBN978-4-86405-158-8
 C1074
2020.12

テレビ史・日本文学


テレビドラマの青春時代

いまから67年前、テレビは本放送を開始した。それは戦後文化の象徴の一つとなったが、当初からその大衆志向性が批判されることも多かった。そうしたテレビの青春期ともいえる1950年・60年代には、どのようなテレビドラマが制作されていたのだろうか。
当時の映像がほとんど残されていないなかで、映像が現存する「芸術祭受賞作」を中心に検討し、そこに積極的に関与した文学者と、気鋭のディレクターとが追求したテレビドラマの可能性とその時代を丹念に描く。



[目次]

序章
【 Iテレビドラマという芸術】
第1章 芸術祭参加作品とその時代
第2章 芸術祭と「私は貝になりたい」
第3章 和田勉の演出技法

【II表現としてのテレビ】
第1章 文学青年≠スちのテレビ業界
第2章 佐々木基一の『テレビ芸術』とテレビドラマ
第3章 一九六〇年代初頭における寺山修司とテレビ
付 録 谷川俊太郎氏に聞く「寺山修司とテレビ」

【 III安部公房と芸術祭】
第1章 安部公房とテレビ
第2章 「日本の日蝕」
第3章 「煉獄」
第4章 「虫は死ね」
第5章 「目撃者」

【IV芸術祭と〈文学〉】
第1章 三好十郎作「獣の行方」
第2章 遠藤周作作「平和屋さん」
第3章 城山三郎作「汽車は夜9時に着く」
第4章 椎名麟三作「約束」
第5章 秋元松代脚本「海より深き かさぶた式部考」

終章

本書をamazonで購入

[著者紹介]
瀬崎圭二(せざき・けいじ)
1974 年広島県生まれ。
同志社大学文学部教授。日本近現代文学・文化専攻。
著書に『流行と虚栄の生成─消費文化を映す日本近代文学─』(世界思想社 2008年3月)、『海辺の恋と日本人─ひと夏の物語と近代─』(青弓社 2013年8月)、編著に『谷川俊太郎 私のテレビドラマの世界─『あなたは誰でしょう』─』(ゆまに書房 2020年3月)がある。